Twitter始めました!

オフィスでも注目間違いなし暗髪ヘアカラー11選♡

この記事はこんな人に読んでほしい
  • 制限があっても可愛いヘアスタイルでいたい…
  • 暗髪でもオシャレになれるの?

オフィスでは、できる髪色も限られてきますよね
今回は、暗めのカラーでもおしゃれに見える「注目間違いなしのヘアカラー」をご紹介!
カラーの種類に分けてご紹介するので、自分の好きな髪色が見つかります♡

ブラックカラー

ブルーブラック

一見黒髪に見えるのに、何だか垢抜けて見えるブルーブラック
仕事柄カラーが出来ずに黒髪が選択肢にある人は、一度試してほしいカラーです・・・!

ネイビーブラック

トレンドのネイビーブラック。韓国風のヘアスタイルでも多く使われることから人気の高いカラーです。
ブルーブラックと比較して、深さと透明感がより強く感じられます♡

ブラウンカラー

ビターチョコレートブラウン×ピンク

ビターのような深いブラウンカラーの中にピンクが隠れることで、色気たっぷりのヘアカラーに。トーンの低いカラーでも再現できるため、オフィスでも浮かずにイメージチェンジできます。

ダークショコラ

定番のブラウンカラーに深みをプラスしたダークショコラ。
トーンを落としても黒くならないため重たく見えません・・・!光に当たると綺麗にツヤが出るカラーです。

ベージュカラー

ブルージュ

室内では一見黒髪に見えるけれど、ブルーを加えることで光に当たったときの透明感が抜群なカラー。クールな印象はもちろん、前髪をつくったり毛先ワンカールしたりすることで、清楚な可愛さも演出できますよ。

くすみベージュ

くすみ感を加えたベージュカラー。くすみ感のあるカラーでは顔色もくすんでしまうことがありますが、少し明るいカラーにすることで透明感がプラスできます・・・!
ベージュをベースにすることで柔らかい印象に。

グレー系カラー

ミントグレー

柔らかい印象のミントグレー。色落ちにするにつれて黄色味が出やすいミントですが、グレーを加えることで黄色味を抑えてツヤ感もプラスできます。

ラベンダーグレー

近年人気の高いラベンダーカラー。ラベンダーをプラスしたカラーはたっぷりの透け感で垢抜けた印象になります。
ウェーブスタイルと組み合わせることで、光を取り込んでツヤを出しやすいスタイルに。

ダークグレー

黒髪に近いダークグレー。インナーカラーをプラスすることで、オフィスでも垢抜けた印象に。

インナーカラーといえば派手なイメージがあるかもしれませんが、少しだけトーンの違うカラーをさりげなく入れるのも良いですよ。こちらはダークグレーをベースに、プラチナグレージュをインナーグレーに入れています。

グレージュカラー

スモーキーグレージュ

グレージュカラーの中でもくすみがかかったカラー。地毛風に仕上げたい人におすすめ。毛束を強調したオイルベースのスタイリング剤を使うスタイルだと、スモーキーグレージュの良さをより引き出せますよ。

オリーブベージュ

ブリーチなしでできる、オリーブカラーのベージュ。ベージュがベースのため多くの人に似合うカラーですが、オリーブカラーはどちらかというとイエローベースの人におすすめです。
”元から色素の薄い人”になれる、ナチュラルなのにこなれた印象のカラー。

自分らしさをプラスした暗髪はオフィスにもプライベートにも
暗めのカラーはイメージチェンジの幅が少ないと思うかもしれませんが、実は暗髪カラーにはバリエーションが豊富です。
透明感ならブルー系、色っぽさならピンク系、色素薄めならオリーブ系・・・など、なりたい雰囲気のカラーをベースのカラーにプラスして、自分ならではの暗髪カラーに仕上がります。オフィスはもちろん、プライベートでも楽しめるカラーにチャレンジしてみては?