Twitter始めました!

【徹底解説】一重&奥二重も!まつげをきれいに上げる正しいテクニック

この記事はこんな人に読んでほしい
  • まつ毛を綺麗に上げたい!
  • 一重だけどまつ毛って綺麗にあがるの?
  • 奥二重でも平気…?

日々メイクをしていても、まつ毛に関する悩みはつきませんよね。きれいな扇のようなまつ毛を作るには、ちょっとしたコツと自分の目に最適なアイテム選びが必要です。

そこで今回は、まつ毛をきれいに上げるための基本的な方法と、一重&奥二重、二重それぞれの目に合ったテクを徹底解説。メイクツールの使い方も合わせて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

基本!ビューラーの選び方のポイント

では、まずはじめにビューラーの選び方のポイントを見ていきましょう。現状のメイクで上手くまつ毛が上がらないという方は、もしかしたらビューラーが目の形に合っていないのが原因かもしれません。

ポイント!カーブに注目
さまざまなメーカーからビューラーが発売されていますが、まぶたに当てる部分のカーブはそれぞれ異なります。そこでまず注目して欲しいのが、自分の目とビューラーのカーブが合っているかどうかということ。まぶたを挟んでしまうという方は、この部分が合っていない可能性があります。
日本人の顔の彫りの深さからいうと、緩やかなカーブの方がフィットしますよ♪

悩んだら平均的なサイズのレギュラータイプがおすすめ

しかし、実際に買ってまぶたに当ててみないとわからないのがビューラーのつらいところ。そこでまずは、平均的なレギュラータイプのビューラーから選んでみるのがおすすめです。

多くの人がこれが結局一番使いやすいかも?という結論に至っているのが、資生堂のアイラッシュカーラー。幅が広く設計されているので、全ての目にフィットしやすく使いやすさは抜群です◎
価格もプチプラなので、ぜひ気軽にトライしてみてください。

一重&奥二重の方は専用のビューラーを選んで

一重&二重の方は専用のビューラーを選びましょう。まぶたを挟まないように設計してあるので安心して使うことができますよ。

ホットビューラーなら確実にまつ毛が上がる!

「それでもなかなかまつ毛が上がらない…」という方はぜひホットビューラーを使ってみてください。熱でまつ毛を固定するのでキープ力も抜群です。使い方は以下の項目で詳しく見ていきましょう♪

ビューラーの正しい使い方3ステップ

ではここからはビューラーの使い方を解説していきます。

根本を上げる

まず目頭部分にビューラーを当て、キュッとゆっくり優しい力で1プッシュします。この時は根元をあげているイメージで。何度か繰り返して、根元のまつ毛が上がっていることを確認できたら次のステップに進みます。

真ん中から上げる

次に根元から真ん中にかけて少しずつビューラーをずらしながら小刻みに数プッシュ繰り返します。

繰り返す

最後に2と同様に、真ん中から毛先にかけて小刻みに優しくプッシュして完成です!イメージは、根元→真ん中→毛先の3点を均等に持ち上げる感覚。

一重&奥二重の方は2つのコツを抑えて!
  1. まぶたを挟まないように、うつむきがちになってまぶたを反対の手で持ち上げる。ビューラーのフレームをセットしてまぶたが痛くないのを確認する。
  2. 基本は伏し目がちの状態をキープしたまま、ビューラーをゆっくり持ち上げつつキュッと力を加えていく。二重の方と同様に、根元からしっかりと段階的に力を加えていくのがコツ。
1 2