まつ毛が長い人の基準は?メリット&デメリットとデイリーケアも解説

この記事はこんな人に読んでほしい
  • 長いまつ毛に憧れる!
  • まつ毛のケアってなにすればいいの?

みなさんは、自分のまつ毛の長さに注目したことがありますか?中には、「薄くて気になっている」「もっと伸びないかな」と感じている方もいるでしょう。

今回は、そんなまつ毛に関する情報や基本のデイリーケア方法をお届け。まつ毛が’’長い’’と判断できる基準をはじめ、まつ毛を伸ばすためのデイリーケアも詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まつ毛が’’長い’’基準って?何センチ〜?

まつ毛が長い人には、なんだか気品のある美しさを感じますよね。
では、約何センチからまつ毛が’’長い’’と言えるのでしょうか?こちらの項目では、日本人の平均を知りつつその基準を紐解いていきたいと思います。

日本人の平均の長さをチェック

日本人のまつ毛の平均の長さは、およそ7mmと言われています。これに対し欧米人は8mmが平均なんだとか。さらにまつ毛の本数も欧米人の方が1.2倍多いとされています。確かに欧米の方の目元はくっきりと深く力強い印象がありますよね。

まつ毛が’’長い’’と言えるのは7mm以上〜

上記のことから、まつ毛が長いとされる基準は7mm〜と言えます。気になる方は、自分のまつ毛を1本抜いて物差しなどで測ってみると良いでしょう。より正確に知りたい場合はコスメカウンターなどでプロに計測してもらうのもおすすめです。

まつ毛が長いメリット&デメリット

良いイメージを持たれがちな長いまつ毛ですが、意外にもメリットデメリットの両方を兼ね備えています。それぞれ確認しておきましょう。

メリット
  • あまりメイクをしなくても印象の強い目元をつくれる
  • くっきりとした顔立ちに
  • 一重二重にかかわらず、目が大きく見える

まつ毛が長い人は、必然的に目がぱっちりと大きく見えます。並行して、顔立ちにもくっきりとした堀深さが生まれるでしょう。さらに、目力に圧倒的なポテンシャルをひめているので、メイクを厚く重ねなくても自然と魅力ある目元メイクが叶います。

デメリット
  • メイクを重ねると強すぎる印象になる
  • まつ毛が目に刺さる
  • ビューラーをしてもすぐ下がってくる

いずれも長さや重みが弊害となったデメリットが並んでいますね。目力が強すぎることで、理想のメイクができないと言う女性は少なくないようです。

まつ毛が長い人はやってる!3つのデイリーケア

もちろん遺伝や個人の差はありますが、まつ毛は努力次第で伸ばすこともできるんです。こちらでは、まつ毛が長い人が日頃から行ってるデイリーケアをご紹介します。

まつ毛美容液を塗る

日々習慣的にまつ毛美容液を塗るのは、手軽に誰でもできるマツ育のひとつ。まつ毛は、およそ1〜3ヶ月の周期で生まれ変わると言われています。とはいえ効果には個人差があるため、地道に取り組むことを意識してくださいね。

目元を清潔に保つ

次に大切なのが、目をいつも清潔に保つということ。メイクの落とし忘れによってまつ毛や目元に残ったコスメは、次第に汚れとなって健やかなまつ毛の生成を妨げてしまうんです。

また、メイクを落とす際は擦らず優しくが鉄則です。目元周辺は皮膚が非常に薄く、ゴシゴシ洗うとすぐに荒れてしまったり腫れてしまったりと、さまざまなトラブルを引き起こします。

良質な睡眠をとる

規則正しい生活を送ることで、まつ毛のみならず髪の毛や皮膚も柔らかくしなやかに育ちます。食事ではタンパク質を多く摂ることを心がけ、睡眠は7〜8時間程度とるようにしましょう。

注意
また意外な事実かもしれませんが、マツ育中のまつパやまつエクは避けた方がベター。というのも、まつ毛を成長させている途中に新しい何かが加わることで、自まつ毛に負担をかけてしまうことも考えられるんです。まつ毛はできるだけ自然な状態に止め、大切にケアしましょう。
まつ毛で自分らしい目元を叶えて
まつ毛の長さは目元をはじめ、顔の印象を左右する大切な要素のひとつ。はじめから「短いのは生まれつき」「元から薄いからしょうがない」と諦めるのではなく、ぜひいろいろな方法を試して理想の目元を叶えてくださいね。自まつ毛を生かしつつ少しの工夫を加えるだけで、顔の印象はグッと垢抜けますよ♡
関連記事
「おすすめのまつ毛美容液を知りたい」「どのまつ毛美容液がいいの?」と感じた方は、ぜひ以下の記事も合わせてご覧ください。実力派人気美容液を厳選してご紹介しています。
伸びる!おすすめの人気実力派まつ毛美容液を厳選してご紹介♡