Twitter始めました!

【アンティポディース】アイクリーム|購入先や効果を詳しく解説

この記事はこんな人に読んでほしい
  • アンティポディースのアイクリームが良いらしい…実際どうなの?
  • 期待できる効能を踏まえて、メリットやデメリットも知りたい
  • 日本には店舗がないの?どこで購入できる?

皮膚が薄く年齢が出やすい目元は、ぜひ早いうちから力を入れてケアしておきたいパーツのひとつ。ついつい「まだ大丈夫」と思いがちですが、早いケアに越したことはありません。

そこで今回は、幅広い商品を展開するアンティポディースの中でも、人気のアイクリームをご紹介。期待できる効果をはじめ、どのような人に最適なのか、購入先なども詳しくお届けしていきます!

基本|【Antipodes】アイクリームの3つの魅力

現在アンティポディーズでは、「キウイシードオイルアイクリーム」と「キウイシードゴールド アイクリーム」の2種類のアイクリームを販売しています。そしてこれらは、それぞれを時間帯や場面で使い分けて併用するのが最適なんだとか。

両者にはどんな成分が含まれているのか、違いはなんなのか、まずは簡単に人気の秘密を探っていきましょう。


1.植物由来の成分で、目元をしっかり保湿

「キウイシードオイルアイクリーム」は、世界で1分間に1個売れているベストセラーとして話題の商品。その特徴は、ニュージーランド産のキウイやヴィナンザグレープなどから抽出された濃密なオイル。しっかりと肌内部に浸透して目元を保湿してくれるので、日々のデイリーケアはもちろん乾燥を感じた時にもサッと使うことができます。


2.パッと明るい目元づくりが叶う

一方「キウイシードゴールド アイクリーム」は金箔入りの贅沢なクリームで、目元に塗り込むことでパッと明るい印象を与えてくれます。成分にはたっぷりのビタミンCが含まれているため、習慣的に使用することでハリや健康的な印象をもたらす効果も期待できますよ。


3.ヴィーガンの人でも安心して使える認定済み

これらは両方とも動物由来の成分を使用しないとして、「VegSoc」の認定を受けています。植物性由来の成分のみで作られているので、ヴィーガンの人でも安心して購入することができますよ。

【Antipodes】アイクリームのメリットデメリット

人気商品とはいえ、どんなものでも人によって向き不向きはあるもの。こちらの項目では、キウイシードオイル アイクリーム、キウイシードゴールド アイクリームのそれぞれのメリットデメリットをまとめました。

メリット

GOOD
  • キウイシードオイル アイクリームとセット使いすると効果が倍増
  • さらっと伸びがよいテクスチャーなので、メイクの上からでも塗れる
  • 植物性由来の成分で、デリケートな目元も優しくケアできる
  • 乾燥した目元をしっかり保湿できるのと同時に、爽快感も与えてくれる
  • 1度に少量しか使わないので、コスパも◎
  • 控えめな香りがとてもナチュラル

デメリット

BAD
  • 効果には個人差がある
  • 10代の方や目元に悩みの少ない方は、すぐに効果を実感できない
  • (もちろん早めのケアとして取り入れるのは◎)

向き不向きはる?どんな人におすすめ?

このことからこれらのアイクリームは、以下のような人におすすめ。

  • 年齢による目元の印象が気になる方
  • 特に目元や口元の乾燥が気なる肌質の方
  • クマやくすみに悩む方
  • 目元の印象がなんだかパッとしない方
  • 仕事などでパソコンやケータイを見つめる時間が多く、目の疲れを感じやすい方

エイジングケアはもちろん、乾燥対策や目元のくすみなどに悩んでいる場合にも最適なアイクリーム。特に現代はさまざまな場面で目を酷使する時代ですから、日々のアイケアが欠かせませんよね。

軽いテクスチャーで肌馴染みも良いアンティポディースのアイクリームなら、日中に持ち歩いてサッとつけられるのが嬉しい。ひとつゲットしておけば、目元が疲れた日もお守りのような役割を担っててくれますよ。

ネットでの購入|販売しているサイトは?

気になる購入先は、ネットや通販が主流になります。楽天やAmazonでも販売されていますが、正規品のためにもしっかり公式認定を受けているサイトからお買い物してみてくださいね。具体的には、コスメキッチンHealth PostLool fantasticなど。海外版サイトもありますが、全て日本語訳できるので◎

アンティポディースで、目元から美しく
目元が生き生きとしていると、顔全体がパッと明るくなって若々しく見えますよね。目元は特に年齢が出る部分なので、アンティポディースのアイクリームで早い段階からケアしておきたいところ。ぜひ本記事をきっかけに、アイケアを始めてみませんか?