ブリーチなしでも叶う!【ラベンダーアッシュ】特集|お手本カラーまとめ

「圧倒的な透明感が手に入る!」と、いま話題のラベンダーアッシュ。落ち着きもありつつ柔らかなラベンダーカラーは、誰もが一度は挑戦したい色味ですよね。

そこで今回は、人気のラベンダーアッシュについて徹底解説!ブリーチのあり/なしによる違いはもちろん、最旬のトレンドカラーも厳選してお届けします。

基本|ラベンダーアッシュってどんな色?

ラベンダーアッシュとは、紫系カラーの中でも圧倒的な透明感を持つ色味のこと。アッシュ系の上品なくすみとラベンダーが重なることで、青みがかったピンクのような絶妙な色合いが叶うんです。

気になる色落ちですが、紫が抜けると次第にベージュのような茶色に戻っていきます。

おすすめ

長くラベンダーカラーを楽しみたい場合は、’’濃いめ’’のカラーを入れるのがおすすめ。はじめは暗めに見えますが、次第に紫が抜けて軽やかな印象も楽しめますよ。

ラベンダーアッシュはこんな人におすすめ

おすすめの人

  • ブリーチなしで、透明感のあるカラーを楽しみたい人
  • 落ち着きある上品なフェミニンさが欲しい人
  • トレンドカラーで垢抜けたい人

ひんやりとした雰囲気が漂うラベンダーアッシュは、基本的にブルベさん向き。

ただ、ラベンダーアッシュは明るさによってとても幅広い色が叶うので、濃さ次第ではイエベさんにもしっかりマッチします。

サロンによってはひとりひとりにあったカラーを提案してくれるところもあるので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

ブリーチあり/なし?お手本カラーリング帖

【ブリーチあり】しっかりパープルを楽しめる

1〜2回ほどブリーチをすれば、発色が抜群のラベンダーアッシュに。パープルをしっかりと感じられる仕上がりが叶います。

レイヤーなどでエッジを効かせたカットと合わせれば、フェミニンだけでなくマニッシュな雰囲気も良く似合うスタイルに。

【ブリーチあり】ハイトーンならもっと淡い仕上がりに

ダブルカラーが必須のハイトーンラベンダーアッシュ。赤みが完全に消え、シルバーのようにきらめくアッシュの淡さを表現できます。

特別感たっぷりのハイトーンカラーは、シンプルなストレートヘアやコンパクトなショートなど、スタイリングをしなくてもそのままかわいく決まるのが嬉しい♡

【ブリーチあり】インナーに入れてもかわいい

他の人と差をつけたい場合は、インナーカラーやハイライトを取り入れるのもオススメ。インナーにハイトーンカラーを入れてもしっかり隠れるので、大胆なラベンダーアッシュに挑戦してみるのも良いですね。

【ブリーチあり】ベージュを重ねてもっと柔らかく

落ち着きのある雰囲気を柔らかに中和したい場合は、ベージュを重ねるのもおすすめ。合わせて細いハイライト(シークレットハイライト)を忍ばせることで、もっとフワッとエアリーな動きを感じられる色味になりますよ。

お手本になる《ハイライト》の入れ方をチェック!オーダーのコツも紹介

【ブリーチなし】シーンを選ばない透明感ヘア

ブリーチなしの状態でラベンダーアッシュを入れれば、大人っぽい印象のヘアスタイルが完成。パープル系カラー特有の”落ち着き”を最大限に生かせるカラーリングなので、オフィスや学校でも気兼ねなく楽しめます。

【ブリーチなし】濃いめに入れれば、色落ちも楽しめる

ぱっと見だと暗いようにも感じるブリーチなしのラベンダーアッシュですが、色をしっかり濃いめに入れることで存在感UP!色が長持ちするのはもちろん、落ちていく過程もしっかり楽しめます。光に当たった時の透け感も◎

ラベンダーアッシュで上品なあなたへ変身!

ラベンダーアッシュは、あなたの印象をグッと上品に引き上げてくれる大人のカラー。暗めカラーをさりげなく取り入れるだけでも、さりげない垢抜けが叶うかも!明るさや入れ方を工夫して、ぜひ理想のヘアスタイルを叶えてくださいね!