朝洗顔はしない?する?洗顔料は?それぞれのメリットとデメリットを解説

この記事はこんな人に読んでほしい
  • 朝洗顔はしない方がいいの?それともするべき?
  • それぞれのメリットとデメリットをチェックしておきたい
  • 朝洗顔は、どんな肌タイプの人におすすめかも知りたい

誰もが一度は聞いたことがある「朝洗顔はしない方がお肌のためになる!」「朝は洗顔料を使わない方がいい」という噂…果たしてこれは本当なのでしょうか?

今回は、そんな朝洗顔に関する疑問をスッキリ解消!それぞれのメリットやデメリットをはじめ、朝洗顔の代わりにもなる拭き取り化粧水についても解説していきます。

基本|朝洗顔をしないメリットとデメリット

まずは、朝洗顔をしないメリットとデメリットを確認していきましょう。それぞれを詳しく知っておくことで、自分の肌質に最適な対処が分かってきますよ!

朝洗顔をしないメリット

  1. 乾燥が防げる
  2. 洗顔料を使った洗顔は、汚れや角質と一緒に皮脂を洗い流してしまいます。そして皮脂が失われることで、肌は水分が蒸発しやすくなったり潤いを失ったり…。結果的に乾燥肌を招いてしまうのです。
    しかし朝洗顔をしなければ、肌は寝ている間に分泌された皮脂によってコーティングされた状態。程よく潤いが保たれ、柔らかい状態をキープできるんです。

  3. 肌への負担軽減
  4. 洗顔時に生じる摩擦や洗顔料に含まれている成分は、知らず知らずのうちに肌の負担となっていることも。しかし朝洗顔をしない場合はその1回分の刺激をなくせます。圧倒的に負担を軽減できるので、敏感肌さんにも◎

  5. 時短や節約にもなる
  6. 洗顔をしないことで、忙しい朝にもちょっとした余裕が生まれるはず。さらに使わない分の洗顔料は節約にもなり、まさに一石二鳥です♪

朝洗顔をしないデメリット

  1. 毛穴詰まりテカリが気になる
  2. 朝洗顔には、夜のうちに分泌された皮脂や古い角質を洗い流すという役割があります。そのため、朝洗顔をしなくなるとこれらが顔に残り、毛穴詰まりやテカリの原因に。
    オイリー肌さんや混合肌さんなどの中には、Tゾーンやおでこがベタベタするなどの症状を感じる人もいるでしょう。

  3. 目覚めが悪くなる
  4. 朝洗顔を1日のモチベーションのスイッチにしている、なんて人も少なくないのでは?
    これには個人差があるかと思いますが、毎朝の洗顔がなくなることで、「なんだか気分がさっぱりしない…」「とにかく目が覚めない….」と感じることもあるようです。

Q&A| 朝洗顔の正解はコレ!

では、メリットとデメリットを踏まえた上で、朝洗顔に関する正解を探っていきましょう。

結局のところ、朝洗顔はしなくてもOKなの?

冒頭にも書いたように、朝洗顔にはメリットもデメリットもあります。そのため、一概にどちらが良いと言い切ることはできません。
つまり基本は、毎晩毎朝の肌の状態によって決めるのが正解です。例えば皮脂によってニキビができてしまったら洗う、生理中で肌が敏感になっている期間はぬるま湯だけ、乾燥が気になる季節は朝洗顔を止めるなど、一人ひとりに最適なパターンが考えられます。


朝洗顔が合わない肌タイプは?

ひどい乾燥肌の人は朝洗顔をやめるのがおすすめです。特に、洗顔後に顔がつっぱったりピリピリを感じたりする人は、肌に必要な皮脂を洗い流さない方がベター。
一方、皮脂分泌が多いオイリー肌さんは洗顔料を使い、余分な油を流してさっぱりした状態を保ちましょう。混合肌さんやインナードライさんは、Tゾーンや小鼻周りなどの部分的な洗顔を心がけてください。


朝洗顔の代わりにできることは?

拭き取り化粧水なら、朝洗顔の代わりに肌の皮脂や角質をきれいに落としてくれます。保湿の役割も兼ねている多機能な化粧水なので、忙しい朝の時短にもなりますよ。
使用の際は、肌をゴシゴシ擦らないよう気をつけて。コットンにたっぷり浸して、優しく抑えるようにオフするのがポイントです。

厳選|おすすめの拭き取り化粧水

薬用クリアローション|ネイチャーコンク

角質の代謝を整える特許成分を配合した拭き取り化粧水として、いま注目を集めている1本です。薬用でどんな肌タイプの方も使いやすいのが魅力。

クラリファイング ローション 2 |クリニーク

クリニークのベストセラーであり、優しい処方が嬉しい拭き取り化粧水です。毛穴のざらつきや黒ずみ、くすみが気になる方に。

フェイシャル トリートメント クリア ローション|SKⅡ

肌の汚れをスッキリと落としたいならこちらがおすすめ。きれいに拭き取った後の肌には、後から重ねる美容液や乳液がしっかり馴染んでくれます。

自分に合った洗顔方法を探そう

「肌のためを思ったスキンケアが実は逆効果だった!」なんてことは少なくありません。

大切なのは当たり前の習慣を続けることではなく、肌の状態と向き合い、その都度最適なスキンケアを試行錯誤してみること。ぜひ本記事をきっかけに、自分自身の肌に合った洗顔方法を探してみてくださいね!