「SOMARCA(ソマルカ)」の使い方を詳しく解説|注意点はある?

ブリーチ後の髪には欠かせないカラーシャンプー。中でもソマルカは、頻繁にヘアカラーをする人から絶大な支持を得ているブランドのひとつです。

今回は、そんな「SOMARCA(ソマルカ)」のシャンプーとトリートメントの使い方を詳しく解説!

併せて使用上の注意点や気を付けるべき点もご紹介していきます。ヘアカラーに関するお悩みのあるかたは、ぜひチェックしてみてくださいね。

基本|ソマルカの特徴やメリットは?

カラー初心者さんでも比較的使いやすいと話題のソマルカ。その人気の秘密は一体何なのでしょうか。こちらで確認していきましょう!

1.髪はしっかり染まるのに、指への色移りがない

発色がとにかく良いソマルカのカラーシャンプーとトリートメント。1度しかブリーチをしていない髪にもしっかりと色素が浸透するのが最大の特徴です。

しかしソマルカの製品は、爪は染まりにくい絶妙なバランスで色素を配合しており、気になる指への色移りはほとんどありません。自宅で毎日使うシャンプーとトリートメントだからこそ、使いやすい優しい設計で作られているのです。

2.カラー後の髪を優しく労われる

基本的に髪はアルカリ性に近づくほどコンディションが低下し、傷みやすくなるという性質を持っています。つまりブリーチ後の髪は、かなりアルカリ性に傾いている状態です。

ソマルカの製品は、そんな髪のpHを酸性に整える効果があります。より長くサロンカラーを楽しめるように、髪を優しく労わりながら色素や髪のpHを調整してくれるのです◎

3.華やかなフルーティフローラルの香り

ソマルカのシャンプーやトリートメントは、ローズやマグノリアなどの上品なフローラルにフルーツとムスクを加えた華やかな香り。

使用の際はフワッとアクティブにアロマが広がるので、カラー剤特有の臭いが苦手な人でも大丈夫!お風呂場に薬剤の臭いが漂うこともないため、快適にバスタイムを満喫することができますよ。

使い方|ソマルカ カラーシャンプー編

シャワーで髪と地肌全体を濡らし予洗いする
シャンプーを適量手に取り、手のひらでフワッとするまで泡立てる

泡を根元からつけて、優しくシャンプーする
泡を毛先まで伸ばし、まんべんなく行き届かせる
すすいだお湯に色がなくなるまでしっかりと流す

髪を予洗いしたら、キュッと水気を切っておきましょう。シャンプーの成分を余すことなく高い濃度で使い切ることができますよ。

タイミングと頻度

使うタイミングや頻度としては、

  • 色をキープさせたい場合は3日に1回
  • 色がほとんど抜けてしまった場合は毎日

を目安にするのがおすすめです。

使い方|ソマルカ カラーチャージ編

適量を手のひらになじませ、シャンプーを終えた髪に優しく塗布していく
色が入りすぎないように、髪の中間部→根元→毛先の順に
染めムラがないよう全体に揉み込んだらOK
すすいだお湯に色がなくなるまでしっかりと流す
ドライヤーで乾かす

すぐに流しても良いですが、色落ちが気になる場合は2〜3分ほど放置してもOKです。使用する頻度は、先ほど説明した「カラーシャンプ」と同様です。

注意点|使用する際に気を付けるポイント

では最後に、使用上の注意を確認しておきましょう!

敏感肌の人やアレルギー体質の人は使用を控える

ソマルカにかかわらず、敏感肌の方がカラーシャンプーを使用すると、どうしても頭皮に赤みや痒みが出でしまうことがあります。

それでも使いたいという人は、肌の状態が良い時に使用を限定したり頭皮につかないよう注意したりなどの工夫が必要です。

注意
さらに泡を洗い流す際は、髪だけでなく成分が付着しやすい背中や頬などもしっかり洗い流しておきましょう。

使用後はすぐに髪を乾かす

濡れたままの髪で就寝してしまうと、枕に色が移ってしまったり色落ちしやすくなってしまったりなどのトラブルを引き起こすことも。さらに髪がペタッと頬に張り付くことで、その部分の肌が荒れてしまうことも考えられます。

ソマルカの使用後は、すぐに髪を乾かすよう徹底してください。

ソマルカで、自分らしい髪色を楽しもう

「サロン帰りのヘアカラーを長持ちさせたい!」「なんだか少し色落ちが早いかも」と感じたら、まずはソマルカのヘアシャンプーを使ってみるのがおすすめです。さらに丁寧なヘアケアを習慣にすることで、より理想の髪色を長くキープできますよ♡

【話題】SOMARCA(ソマルカ)特集|アッシュや白髪は?効果を徹底解説