Twitter始めました!

【2021年】秋のトレンドヘアカラーは?抑えておきたい7つのこなれ色♡

この記事はこんな人に読んでほしい
  • 今年の秋トレンドのヘアカラーを詳しく知りたい!
  • 季節感が出るカラーのポイントも抑えておきたいな
  • ブリーチなしでもできる色味があれば試したい

残暑が終わり、本格的に秋が深まってきた今日この頃。ファッションを衣替えするようにヘアカラーもチェンジして、気分を高めませんか?

今回は、今年の秋ぜひ取り入れたいトレンドヘアカラー特集!抑えておきたいこなれ感たっぷりの色を厳選してご紹介します。ブリーチあり〜なしまで幅広い色味を集めましたので、ぜひ自分好みのカラーを見つけてみてくださいね。

基本|今秋は『まろやかさ』がカギ!

今秋のヘアカラーのポイントは、ズバリ’’まろやかさ’’がキーワードです。

シアーで涼しげな色味がトレンドだった夏から一転、肌寒い秋の季節は、こっくり深めのヘアカラーを取り入れていきましょう♡

具体的には、今っぽいベージュをベースにしたクリーミーな色味や、こなれ感たっぷりのおしゃれなカーキなど。加えて、ダークブラウンやボルドーなどの奥深いカラーも定番です。

いずれも、どこか上品で落ち着きのある印象に仕上げるのが秋らしさを楽しむポイントとなっています。ぜひオーダーの参考にしてみてくださいね。

では早速つぎの項目から、トレンドカラーをより詳しくみていきましょう!

2021年|秋のトレンドカラー7選

01.ヌーディーベージュ|大本命の柔らかカラーに注目

程よいツヤを感じられるヌーディーベージュは、まさに今年大本命のまろやかカラー。トーンダウンしてもしっかりクリーミーさが残るベージュなら、ブリーチありでもなしでも十分に魅力的な髪色が叶いますよ。

02.ローズピンク|大人の落ち着き溢れる華やかカラー

パッと目を惹く華やかさの中に、ボルドーやバイオレットのような落ち着きを感じられるローズピンク。「派手になりすぎないように垢抜けたい」という人にぜひおすすめしたい秋のトレンド色です♩

03.マロンブラウン|ナチュラルな栗色で秋っぽく

ナチュラルかつスモーキーなマロンブラウンも、季節感たっぷりの秋色のひとつ。軽やかなウェーブに合わせるのはもちろん、ミニボブやストレートボブなどのラインが出るスタイルとも相性抜群です。

04.オレンジブラウン|暖色系にはくすみをON

暖色系に関しては、夏はシンプルにビビッドやシアーな色味、秋はブラウンやアッシュと合わせてニュアンスっぽく仕上げるのを意識してみると◎

特に暖かい季節を連想させるオレンジやピンクの暖色系には、くすみをプラスすることで秋らしさが格段にUPしますよ。

05.オリーブベージュ|さりげないこなれ感を演出

地毛のような暗髪が好みの人は、オリーブやアッシュでさりげないこなれ感を演出してあげましょう。一気に旬な雰囲気が漂い、他の人と差をつけることができちゃいます♩

パッと見のシンプルさが気になる方は、オン眉やレイヤーなどでアクセントを加えるのも良いですね。

06.オリーブグレージュ|グレーの深みで秋らしさUP

しっかりと赤みを抑えられるオリーブ系カラーなら、アンニュイな表情が似合う寒い季節にぴったり!さらにどこか知的な印象を与えてくれるのも魅力なので、秋らしさを楽しみたい人はもちろん、大人に垢抜けたい方もぜひチェックしてみてください♡

07.ショコラブラウン|迷ったらこれで決まり!

クセのないショコラブラウンは、どんなシーンやファッションでもしっかり馴染んでくれる万能カラーです。迷っている方は、まずはこれに染めてみれば失敗なし。

また、ヘアスタイルに立体感が欲しい時は、細いフェザーハイライトをたっぷり忍ばせるのもおすすめ。全体に動きが生まれて、艶髪やパーマの良さを最大限に引き出すことができますよ♡

へアカラーも秋仕様に衣替え♡

上品で落ち着き溢れる色味が魅力的な秋のヘアカラー。ブリーチなしなら色落ちもしづらいカラーを集めましたので、色によっては1シーズン楽しめる方もいるかもしれません。ぜひ本記事を参考に、ヘアカラーも秋仕様に衣替えしてみてくださいね。