Twitterプレゼントキャンペーン開催中!

肌のお悩み…【そばかす】って治せる?予防できるの?原因と対策を解説

この記事はこんな人に読んでほしい
  • 子供の頃からあるそばかすって治せるの?
  • 薄くしたりするにはどんな予防法や対策が効果的?
  • その他、具体的な治療法があれば知りたい

遺伝性だという点から、そばかすの治療や予防を諦めている人は少なくありません。

しかし、いつものスキンケアや生活習慣を見直すことで、十分にそばかすを改善することができるんですよ。

そこで今回は、そばかすの対策方法や予防法をはじめ、そもそもの原因などを詳しく解説。正しい治療法なども知って、お悩みを解決していきましょう!

基本|そもそも、そばかすとは?

そばかすやシミは、メラニン色素が沈着して顔の皮膚に出る斑点のこと。種類にもよりますが、色はだいたい薄い褐色〜濃い褐色までとさまざまです。

特にそばかすは、頬や鼻まわりに出る薄い褐色の斑点のことを指します。雀の卵に形が似ていることから、時に雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれることも。シミに比べるとサイズは小さく、肌の色が白い人に多くみられる傾向にあります。

原因|そばかすができるのはなぜ?

現在のところ、そばかすができる最大の要因は遺伝だと言われています。

年齢としては5〜6歳の幼児期から見え始めることが多く、色の濃さとしては思春期にピークを迎える人がほとんど。その後はだんだんと薄くなり目立たなくなっていきますが、これにも個人差があります。

また、日焼けや紫外線ダメージの蓄積もそばかすの原因のひとつ。日頃から紫外線対策を行っていないと、過剰に生成されたメラニンがじわじわと頬に現れます。

加えて、ホルモンバランスの乱れや血行不良も肌の代謝の低下に繋がり、シミやそばかすの生成を助長してしまうので注意が必要です。

対策|外側からの丁寧なそばかすケア

01.紫外線対策を徹底

まずは基本となる紫外線対策を徹底しましょう。外出時の日焼け止めや帽子はもちろん、状況によってはサングラスなども用意できると良いですね。1日のうちで最も紫外線の量が多い、昼過ぎの外出を極力避けるのもおすすめです。


02.スキンケアは美白タイプをチョイス

まだ20代だから…とついつい見送りがちな美白ケアやエイジングケアも、ぜひこれを機に取り入れてみてください。また、定期的なスペシャルケアで古い角質を除去したりパックでたっぷりの潤いを与えてあげるのも忘れずに。


03.運動やマッサージで血行促進

運動やマッサージで血行を促進して、肌にも十分な栄養が行き届くような身体作りをするのも大切なケアのひとつです。健やかな身体があってこその肌質改善。体にも十分気を使ってあげましょう。

対策|内側からの丁寧なそばかすケア

01.睡眠をしっかり摂る

良質な睡眠をしっかり摂ることで、肌のターンオーバー機能が正常に働きます。つまり過剰に生成されたメラニンも、この機能によりしっかり排出されるている限りは安心です。

睡眠不足の他、過度なダイエットや食生活の乱れもターンオーバー機能の低下を招くので要注意。サイクルを乱さないよう、日々規則正しい生活を心がけてくださいね。


02.足りない栄養はサプリで補強

そばかす改善にはビタミンCやL−システインといった栄養素が必要不可欠。しかしこれらを十分に賄うにのは非常に大変です。そのため、足りない栄養はサプリで補強するのもひとつの方法です。もちろん食事の栄養バランスを整えた上で行いましょう。


03.ストレスをためない

最後に、ストレスなども肌の調子を左右する大切な要素です。心が病んでいると顔の血色や表情にも出てしまうので、よりシミやそばかすのくすみが目立ってしまいます。

ストレスはできるだけこまめに解消して心を軽やかに保てると良いですね。

治し方|医療機関ではレーザー治療がおすすめ

即効性を期待できる治し方として一般的なのが、医療機関で行うレーザー治療です。

レーザーを皮膚に照射することで、シミやそばかすの根本的な原因であるメラニンそのものを破壊することができます。

その他には内服薬やピーリング剤など外部からの治療法も選択可能。価格や効果の違いはもちろんアフターケアの方法などもよく調べた上で検討してください♩

丁寧なそばかすケアが美肌を作る!

他の人から見れば可愛らしいチャームポイントのようにも思えますが、実はそばかすの存在を気にしている人は意外と多いものです。

しかしその原因と対策を知り、日頃から丁寧なケアを心がければ大丈夫!きっと少しずつお悩みが解消へと向かいますよ。

ぜひ本記事を参考に、早めのそばかすケアを始めていきましょう♩