Twitterプレゼントキャンペーン開催中!

最新【ブリーチ剤メーカー】ランキング9選|業務用薬剤のトップはコレ!

インスタグラムなどのSNSを通して新しいファッションやメイクが広く知られるようになった昨今。ヘアスタイルにも鮮やかなカラーを取り入れる人が急増し、ブリーチの需要も年々高まっています。

そこで今回は、【プロの美容師さんにおすすめの業務用ブリーチ剤メーカー】を厳選してご紹介。総勢100名以上の美容師さんの意見を元に、信頼できるメーカーを9選まとめました。ブリーチ剤をよく使う人もはじめて導入しようと考えている人も、ぜひ参考にしてみてください。

「人気ブリーチ剤ランキング」についてはこちらチェック!
美容師向け・業務用【ブリーチ剤】ランキングBEST14!フリーランス必見

人気ブリーチ剤メーカーランキングTOP4

1位|Schwarzkopf(シュワルツコフ)

シュワルツコフの『ファイバープレックスパウダーブリーチ』は、ブリーチ剤の“商品ランキング”でも堂々の1位に選ばれています。さらに、『ファイバープレックスクレイブリーチ』も人気を集め5位にランクインしました。

シュワルツコフのブリーチ剤がここまでシェアされる理由は、ブリーチ後の手触りが圧倒的に良いということ。まるでブリーチをしていないかのようなツヤのある仕上がりが叶うので、’’髪を傷めず色を抜きたい時はファイバープレックス!’’とも言われています。

「できるだけダメージを抑えながらブリーチをしたい」というのは、髪を染める全ての人に共通する願い。何を購入するか迷っている方は、とりあえずシュワルツコフの商品をチェックしてみるのがおすすめです。


2位|ARIMINO(アリミノ)

パウダータイプの『ブリーチ120』をメインで販売するアリミノ。その操作性の高さから、愛用している美容師さんも多いのではないでしょうか?

「今までのブリーチのリフト力では満足できない!」そんな美容師の声に応えるため開発されたブリーチ120。短時間でしっかり脱色できる確かなブリーチ力と、ムラになりにくいクリーミーな使い心地は安定感抜群です。2剤でコントロールすることで表現の幅もかなり広がるので、理想の髪色へと近づけやすくなります。

ブリーチ剤の他に、アリミノではケアアイテムや2剤のラインナップも充実。髪への負担を少なく残留色素を取りたい場合に備え、脱染専用のティントエスケープを揃えておくと安心です。


3位|ナプラ(napla)

一般向けのスタイリング剤でも多くのユーザーに支持されているナプラ。ブリーチ剤に関しても実用的な商品をいくつか取り揃え、3位にランクインしています。

まずチェックしておきたいのが、こちらでも紹介した『アクセスフリーパウダーブリーチ』。高すぎず低すぎない絶妙なリフト力で、どんな毛髪でも操作性を損なわず扱いやすさを実感できる、ナプラの中でも人気の薬剤です。

さらにここ最近では、ブリーチ作用の強弱をつけやすくバランスの良い『エヌドットパウダーブリーチ』も広くシェアされるようになってきました。併せて、髪への負担が少ない低アルカリタイプ『パウダーディカライザー』も展開中です。


4位|ミルボン(mILBOn)

ミルボンと言えば、やはりオルディーブから発売されている『アディクシーハイブリーチ』が定番ですよね。その人気の秘密は、とにかく色の抜けが良いということ。

ハイブリーチという名前の通り、1回で黒髪からオレンジ味を残さない16Lvまでの脱色が可能とされています。また、9Lvのアンダーの場合は17Lvまで、13Lvのアンダーの場合は17.5Lvまでのブリーチも可能!放置時間も全て30分でOKなので、短時間で髪を労わりながらの施術が叶います。

さらに、『ローブリーチ』と併せて使うことでデザインの幅がグッと広がるのも嬉しいポイント。薬剤はそれぞれカラー分けされているので、見間違えることもありません。

人気カラー剤ランキングBEST5

ここからは、TOP5以降の結果を一気にご紹介していきます!

ランクメーカー
6位b-ex
7位LebeL
8位SUNCALL
9位hoyu
10位中野製薬

理想のブリーチ剤を見つけよう!

今回は、美容師の皆さんのサロンパフォーマンスをより高めてくれる人気ブリーチ剤をご紹介しました。気になるアイテムは見つかりましたでしょうか?

どんな色に染めるにしても、まずはブリーチでしっかり色を抜くことから。自分のメニューに最適なものが見つかれば、きっといつものカラーのやりやすさもグンと高まるはずです。ぜひいくつか気になる物を試して、理想のブリーチ剤を見つけてみてくださいね!

補足
※本記事では、HAIRinfo Magazine編集部が実際にランキング調査を行い、厳選したメーカーをご紹介しています。
※記事の内容は効能効果や安全性を保証するものであり、否定するものではありません。