抜群の透明感!【ホワイトグレージュ】ってどんな色?最新スタイル集

幅広いハイトーンカラーが楽しめるようになったここ最近。中でも透明感溢れるシアーな色味は、季節や年代に関わらず大人気ですよね。

今回は、そんな人気カラーの中でも多くの女子が虜になる『ホワイトグレージュ』についてご紹介!ハイライト、グラデーション、バレイヤージュなどの挑戦してみたいデザインをはじめ、ブリーチの回数や色落ちに関しても詳しくまとめました。

『ホワイトグレージュ』ってどんな色?

簡単にいうと『ホワイトグレージュ』とは、人気のグレージュ(グレー+ベージュ)にミルキーなホワイトを重ねた色味のこと。

グレーのくすみだけでなく程よい柔らかさもプラスされたカラーで、いま10代〜20代を中心に注目を集めています。

ちなみに、透け感とツヤが魅力のホワイトグレージュは、ブリーチが必須のカラーです。基本的にブリーチなしで染めることはできません。詳しいブリーチ回数などは記事の後半で解説していきますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね♩

『ホワイトグレージュ』が似合うのはどんな人?

実はホワイトグレージュは、基本的にどんな人にも似合う万能カラーなんです!

’’強いていえば色素が薄い人’’という風に言われることもありますが、これに関しては眉毛の脱色やメイク次第で工夫できるのでなんの問題もありません◎

パーソナルカラーに関しては、「イエベの人は少しベージュを多め、ブルベの人は少しグレイッシュ」にすると肌馴染みが良くなりますよ。

また、「イエベ春 / ブルベ冬の人は比較的明るめのトーン、イエベ秋 / ブルベ冬の人は暗めのトーン」が似合う傾向にあります。

【イエベorブルベ診断】簡単セルフチェック|印象や似合う色の違いは?

最新『ホワイトグレージュ』のヘアデザイン

洗練された全頭ブリーチ

一度は試してみたい全頭ブリーチのホワイトグレージュ。ムラなく髪に纏わせれば、まろやかなツヤ感が最大限に引き立ちます。ヘアスタイルはボブやミディアムのストレートなど、色味を楽しめるシンプルなものがお似合いです♡

デザイン性が高いグラデーション

奥行きを感じるデザインが魅力のグラデーションスタイル。毛先にかけて彩度の高いホワイトグレージュを入れることで、幅広い色味をひとつのヘアスタイルに閉じ込めることができます。ストレートはもちろん、フワフワの波巻きとも相性抜群です。

立体感やツヤ感がUPするハイライト

さりげないワンポイントなのに全体をおしゃれに見せてくれるハイライト。表面を中心にランダムに仕込むことで、ヘアスタイルの奥行きやツヤ感がUPします。まとめ髪を作る際のアクセントにも◎

バレイヤージュ

バレイヤージュとは、刷毛でほうきをはくようにして髪にカラー剤を塗布していく手法のこと。深みのあるホワイトグレージュと組み合わせることでしっかり束感を出せるのはもちろん、派手になりすぎない落ち着いた仕上がりが叶います。ブリーチの範囲を狭めたい人にもおすすめです。

Q&A『ホワイトグレージュ』の疑問を解消

ホワイトグレージュは何回ブリーチすればできる?

地毛やブリーチ歴にもよりますが、きれいな透け感のあるホワイトグレージュにするには最低2〜3回のブリーチが必須になります。さらにブリーチを4回まで繰り返すと、ホワイトブロンドのようなより色素が薄い色にも挑戦できますよ。

透け感抜群の【プラチナブロンド】特集|ブリーチは何回?どんな髪色?

色落ち後はどれくらい明るくなる?

色落ちの過程では、まずグレーのくすみ感を楽しむことができます。次にグレーが少しずつ抜けてクリーミーなベージュカラーに。最終的には色が抜けきってブリーチをした時の明るさに落ち着きます。この状態だと次の色も入れやすく、幅広い色味がきれいに入ります。


色持ちはどれくらい?

ブリーチをして作るホワイトグレージュは、大体3〜4週間ほどで色落ちします。長持ちさせるためには、丁寧なヘアケアの他、場合によってはカラーシャンプーを使うのがおすすめです。

ホワイトグレージュで神秘の輝きをGET!

ミルキーでツヤがあり、唯一無二の神秘的な魅力を持つホワイトグレージュ。いつものヘアスタイルのままカラーを変えるだけでも、十分垢抜けた素敵な印象に仕上がりますよ。

ぜひ色落ちを楽しみながら、自分に似合うホワイトグレージュを探してみてくださいね♡