Twitterプレゼントキャンペーン開催中!

イエベさんに似合う【ピンクメイク】のやり方&おすすめアイテムを紹介

柔らかく優しげな表情を与えてくれるピンクメイク。どちらかといえばブルベ向きのメイクと思われがちですが、実際そんなことはありません!

少しの工夫で、イエベさんにもしっかり馴染むピンクメイクを楽しむことができますよ。

本記事で、イエベさんに似合う色味やメイクのポイントをはじめ、おすすめコスメなどをチェックしていきましょう♡

イエベさんに似合うピンクカラーをおさらい

ではまずはじめに、イエベさんに似合うピンクカラーを簡単にご紹介していきます。色選びに迷ったら、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

イエベ春に似合うピンク

イエベ春さんには、ベースが若干黄みがかったクリアな発色のピンク色がよく似合います。淡く温かみのある色味が得意なので、ピンクの中でもピーチピンクやコーラルピンクなどの鮮やかな色を選べば間違いありません。

注意
一方暗めのピンクは顔をくすませてしまう可能性があるので注意してください。

イエベ秋に似合うピンク

落ち着いた雰囲気を纏ったイエベ秋さんには、こっくりと濃いめのピンクがぴったりです。中でもサーモンピンクをはじめ、ベージュなどを混ぜたような黄みを含んだピンクは肌馴染み抜群。

奥行きのある深めの色が肌ツヤをUPさせてくれますよ。また、色の濃淡に関わらずくすみピンクもよく似合います。

イエベさんに似合うピンクメイクのやり方

イエベさんがピンクメイクをする際に意識したいポイントは以下の3つ。

  1. 土台となるベースの色味補正をしっかりと
  2. 普段使っているイエベ向けアイテムとピンクカラーをしっかり馴染ませる
  3. 青みピンクはアイ、リップ、チーク、どこか一部でポイント使いにとどめる

これをはじめに頭に入れておくと、途中で迷うことなく自然な仕上がりが叶うはず。では早速、各ポイントメイクのコツをみていきましょう!

【ベースメイク編】イエべさん向きピンクメイク

イエベさんがピンクメイクをする際は、ラベンダーやブルー系のコントロールカラーで肌の黄みをしっかり抑えてあげることが大切です。

特に青みピンクを使いたい日はこの仕込みが必須。白浮きが不安な方は顔の中心部分にポイント使いするだけでもOKです。下地以降の工程はいつも通りで構いません。

【アイシャドウ編】イエべさん向きピンクメイク

ナチュラルなグラデーションEYE

ピンクメイク初心者さんは、まずアイシャドウパレットを使ってナチュラルなグラデーションを作ってみましょう!アイホール全体にゴールド系の下地を広げておくと、上から乗せる色がしっかりと馴染んでくれますよ。

アクセントが欲しいなら目尻に濃いめカラーを

よりピンクを強調したメイクを楽しみたいなら、目尻に濃いめカラーを持ってきてアクセントにするのもおすすめです。アイラインやマスカラは柔らかなブラウンでまとめると簡単に統一感が生まれます。

【リップ編】イエべさん向きピンクメイク

アイシャドウをピンクメイクの主役にしたら、リップはコーラル系カラーなどで血色感を抑えるのが正解です。存在感を出しすぎてしまうとピンク特有の柔らかさが損なわれてしまうので気をつけましょう。

甘さ控えめな仕上がりが好みの方は、シンプルに赤寄りのリップを選んでも◎

【チーク編】イエべさん向きピンクメイク

リップと同様、チークも入れすぎないよう十分注意してください。むしろ元々ヘルシーな印象に見える方は、チークを入れなくても大丈夫です。

もし入れる場合はブラシで広い範囲に忍ばせる程度に。肌馴染みの良いコーラルピンクやオレンジで柔らかな血色感をプラスしてあげましょう。

イエベさんにおすすめなピンクメイクアイテム

シルキースフレアイズ 02ローズセピア|キャンメイク

はじめてピンクメイクに挑戦する方は、まず落ち着きのあるピンクからはじめてみるのがおすすめです。キャンメイクの『シルキースフレアイズ02』には、温かみをしっかり感じられる黄味ピンクがギュッと詰まっています♡


プロ アイパレット|クリオ

数ある韓国コスメの中でも「クリオのアイシャドウパレットは捨て色がない!」と、とても人気のアイテム!スプリングタイプさんには『シンプリーピンク01』、オータムタイプさんには『コーラルトーク03』が定番です。


べターザンパレット|ロムアンド

クリオと同じくロムアンドも、バリエーション豊富なカラーを取り揃えたアイシャドウパレットが話題。ゴールドやベージュピンクなど、華やかさと淡さのバランスが良い『03 ドライコスモス』は、ひとつ持っておいて損はないアイテムです♩

イエベさんもピンクメイクを楽しもう♡

肌に透明感と抜群の柔らかさを与えてくれるピンクメイク。色選びやベースメイクに気を使うだけで、十分にイエベさんにも似合う仕上がりが叶います。

まずはプチプラコスメからはじめて、ぜひ自分に似合うピンクメイクを研究してみてくださいね。