Twitterプレゼントキャンペーン開催中!

妊娠中のヘアカラーは大丈夫?妊婦さんにおすすめのヘアスタイル

妊娠中でも、オシャレを我慢したくないですよね。妊娠中にヘアカラーをしても大丈夫?

この記事では、ヘアカラーをするときの注意点やポイント、美容院やスタイリストさんの選び方や妊婦さんにもおすすめなヘアスタイルをご紹介します。 

妊娠中にヘアカラーをするときの注意点やポイント

妊娠中は、身体の機能が変化しやすく、嗅覚や肌質が敏感になっている時期でもあります。また、ヘアカラーをすることで赤ちゃんへの影響も気になりますね。
ヘアカラーをするうえで、気を付けたいポイントを教えます。

妊娠中にヘアカラーをしても問題なし

結論からいうと、ヘアカラーによる赤ちゃんへの影響はほとんどないといわれています。
したがって妊婦さんでもヘアカラーすることは問題ありません。ヘアサロンで使われる薬剤は、アルコールやタバコと違い、直接体内に入るものではないので、赤ちゃんへの影響が少ないといわれているのが理由です。

ただし、いくつか注意点があります。妊婦さんは、つわりにより、臭いが敏感になっているので、カラー剤やパーマ液で気持ち悪くなることもあります。

また、妊娠中は、敏感肌になる人も多いので、刺激の強いヘアカラーが普段は大丈夫でも、地肌に合わない場合も考えられます。薬剤が地肌につかないようにギリギリのところまでしか塗布しないようにしてもらうなど、事前に伝えて美容師さんに注意してもらうのが一番です。

市販のヘアカラーをするのはおすすめできない

また、ヘアサロンに行く時間がないという理由で、市販のヘアカラーをするのは控えた方がベターです。
市販のヘアカラー剤には、ジアミンフリーの成分が入っていることが多く、頭皮にあまりよくないといわれています。自分でヘアカラーする場合は、ヘアマニキュアやヘナなどで染めることがオススメです。

美容院やスタイリストさんの選び方とは?

妊娠中にヘアサロンに行く場合は、ママであることがプロフィールなどでわかっているスタッフさんにお願いすると、寄り添ってくれる可能性大!また、出産・子育てを経験したスタッフであれば、男性スタッフも心強い味方になるでしょう。

普段の髪質を知っている、行き慣れたヘアサロンなら、敏感肌であることなども知っているので安心できます。

実際に、妊娠中に気を付けたいことや産後に適したヘアまでトータルでヘアのことを相談できる可能性が高いので「妊娠中である」ということは、ハッキリ伝えるべきです。美容師さんならではの、有益な情報をキャッチできるといいですよね!

妊婦さんにもおすすめなヘアスタイル

妊婦さんにおすすめしたいのは、お手入れが簡単で乾かしやすいボブ。切迫早産などで入院が早まったときなどでも、慌てず伸ばしかけのヘアを楽しむことができます。

また長さをあえて長いままにして縛ってしまうのも一つの方法。スタイリングしやすさを重視したいならミディアム~ロングもいいでしょう。

サッと乾いてお手入れのラクなショートボブ

@keijirokonishiさんのInstagramより

妊娠中は、お腹が大きくなるにつれ、普段できたことができなくなることが多々あります。
凝ったヘアにすると、スタイリングに時間がかかったりすることも考えられるので、お手入れ簡単でサッとキマるボブヘアがイチオシです。レイヤー入りだと、伸びた後も自然なのがポイント。不揃いに見えにくくオシャレ感が持続します。

2022年【ショートボブ】最新ヘアカタログ|カジュアルからフェミニンなヘアスタイルまでお届け!

妊娠後期に!産後の抜け毛対応もできるシースルーバング

@keijirokonishiさんのInstagramより

妊娠中後期、出産前で出産後になかなかヘアサロンに行くことができなくなりそうな人におすすめなのが、前髪のうすいヘアスタイルです。
出産後しばらくすると、抜け毛に悩むママさんは多いです。抜け毛が悪目立ちせず、自然に馴染むのがシースルーバング。思い切って、眉上にカットするとあか抜け感もアップ!しばらくヘアサロンに行くことができず、放置しておいてもオシャレ感をキープできます。

もちろん、伸ばしかけになりがちな前髪をカバーするのにもぴったり!

前髪が伸びてきたらカチューシャでカバー

@keijirokonishiさんのInstagramより

妊娠中に体調を崩し、行きたいタイミングでヘアサロンに行けなくなったら、ヘアアレンジで少し伸ばしかけのヘアを楽しむのも一つです。
前髪が伸びてきたら、カチューシャで後ろにあげてしまうのも◎。グッと雰囲気が変わり、気軽に気分転換できるヘアアレンジです。

スタイリングはミニクリップをちょこんと

@keijirokonishiさんのInstagramより

少し伸びてきて、バランスが取りにくくなったら、ミニクリップで毛量を調整してあげるのもおすすめです。
ちょっぴり雰囲気が変わってお手軽!新鮮さも感じることができるのでオススメのヘアアレンジです。

ミディアムヘアはレイヤー入りで軽く

@aikohan611さんのInstagramより

ショート~ボブの長さは、寝ぐせや伸ばしかけになるとスタイリングしにくく感じることも。そこであえて短くせず、「結ぶ」に徹したミディアムヘアもいいでしょう。
軽さが出せて乾かすのに時間のかからないレイヤー入りのヘアスタイルもおすすめです。スタイリングに手間がかかってしまうときは、ギュッと一つ結びしてみても。

イメチェンもしやすいので、出産後ヘアチェンジしにくいときにも気分転換になります!

妊娠中でもヘアカラーやヘアスタイルをとことん楽しんで!

妊娠中で気を付けたいポイントをおさえつつ、普段通り可愛いヘアを楽しみたいものです。

敏感な時期ではありますが、限定の期間だからこそキレイにしておきたいのも本音。

意外と写真を撮る機会も多いので、自信の持てるヘアカラー&ヘアスタイルを楽しんでみてくださいね♡