ホーム 独立開業 物件を探す前に

物件を探す前に

【美容室独立開業】サロンの経営理念・コンセプトを考える-vol.3

美容師として独立開業し、美容室オーナーになるまでに必要なこと、知っておきたいことをまとめたこの連載。第3回は「サロンの経営理念やコンセプト」について解説いたします。 (vol.1-美容室独立開業の第一歩!「利益目標」から逆算思考で李王の店舗を具体化しよう)(vol.2-美容室の名前はどう決める?後悔しないネーミングのポイント) 第1回でお伝えした通り、独立開業するとは「一技術者」から「経営者」になるということです。 したがって、店舗をどのように運営するかの舵取りもすべて自分で定めなけれななりません。 さて、お店の経営方針を決める上で重要なのが「経営理念」や「コンセプト」を明確にすることです。 しかし理念やコンセプトと言われても少々漠然としていて「経営理念とコンセプトってどう違うの?」とか「そもそもコンセプトって何だろう?」など疑問に思うことはありませんか? この記事ではそんな悩みを解決するため、 経営理念とは?コンセプトとは? 経営理念とコンセプトの違い経営理念やコンセプトを掲げることの重要性経営理念やコンセプトを考える

【美容室独立開業】美容室の名前はどう決める? 後悔しないネーミングのポイント-vol.2 

一美容師として自分の店舗を構え、オーナーとなる。 美容師という職業を選んだ以上、多くの人がひとつの目標とするところですね。 さて、いざ独立開業しようと思うとやるべきことはたくさんあります。 この連載では、美容師として独立開業し、美容室オーナーになるまでに必要なこと、知っておきたいことを詳しく解説しております。 この第2回では、「後悔しない美容室の名前の付け方」について解説いたします。自分の店を持つにあたって、どんな名前にするかは大事なポイントですよね!後になって店名を変えるわけにはそう簡単にいきませんので、悩むところだと思います。  あなたは店名を考える中で「店名の付け方に何かルールとかあるの?」とか「どんな名前にするのがおすすめ?」など疑問に思ったことはありませんか?  この記事ではそんな悩みを解決するため、

【美容室独立開業】美容室独立開業の第一歩!「利益目標」から逆算思考で理想の店舗を具体化しよう-vol.1

ー独立して自分の美容室を持ち、自分で経営する。自分の店を持つとなれば、誰しも理想の店舗にしたいと思うものです。「店内はこんなイメージにしたい」「あのカラー剤を使いたい」「売り上げはこのくらい欲しい」とか、いろいろ考えることでしょう。 そんな中で、「賃料などの費用はどのくらいかかるのか」や「売り上げをどのくらいあげれば十分な収益が上がるのか」などについて疑問に思ったことはありませんか?  こちらの記事ではそんな悩みを解決し、みなさまの独立に役立つ情報を細かくまとめていきます。 今回の連載では、筆者が実際に美容室開業をするまでに行ったステップや、それに至るまでの試行錯誤を掲載していきたいと思います。 1. 美容室独立開業とは、「一技術者」から「店舗経営者」になるということ

人気の記事

ルーキーなのに⁉︎ALBUM中村有李さんがフォロワー増加ランキング1位なワケ。

2020年5月度のインスタグラムフォロワー増加ランキングで1位を獲得した「ALBUM(アルバム)」の新星、中村有李(アカウントはこちら→@album_yuri_)さん。入社間もないながらもクオリティの高い投稿が10代〜20代の女性を中心に評判を呼び、5月単月でフォロワー数+3万人という数を成し遂げました。 現在、研修をしながらも日々の更新に精を出す中村さんに、インスタグラムの投稿方法やそのこだわりについて伺いました。またクオリティの高い投稿をし続けている理由やデジタルネイティブ世代らしい思考にも迫ります。ルーキーと、新卒と、侮ることなかれ、大物の予感です。