ヘアバームとは?正しい使用方法とおすすめのスタイリング方法を紹介

スタイリング剤として使われることの多いヘアバーム。自然なふんわり感、まとまり、束感が演出できるので、日々のヘアセットには欠かせない必須アイテムですよね。

そこで今回は、ヘアバームの使い方とおすすめスタイリング方法を詳しくご紹介。合わせて人気アイテムも集めましたので、ぜひ日々のセットの参考にしてみてくださいね。

ヘアバームとは?

「そもそもヘアバームとは?」「他のヘアケアアイテムと何が違うの?」と感じている方は、まずこちらでヘアバームの基本をチェックしましょう。

成分など

ヘアバームは、基本的に以下のような成分で作られています。

  • ミツロウ
  • シアバター
  • ワセリン
  • 自然由来のオイル
  • 果汁

保湿材に使われるような脂分がメインですね。そこに香りや保護などの役割として、果実や植物性のオイルがプラスされています。基本的には顔や肌にも塗ることのできる天然成分で作られているので、敏感肌の方も安心ですね。

他のケア用品との違い

さらっとしていて軽い手触りのヘアオイルに対し、バームはトロッと体温で溶けるような重めのテクスチャーですよね。両者はいずれもスタイリング剤として重宝するアイテムですが、それぞれには以下のような特徴があります。

ヘアオイル

  • 熱などから髪を保護するための美容成分が入っている
  • パサつきに潤いを与えることができる
  • ヘアバームのベタつきが気になる方におすすめ

ヘアバーム

  • 髪だけでなく肌にも優しい天然保湿成分
  • ウェットなスタイリングにおすすめ
  • ヘアオイルよりも微細なボリューム調整が叶う

同じように見えるヘアスタイリング剤でも、成分、仕上がり、テクスチャーまで、とても大きく異なるんです。ちなみにワックスには、スタイリングの持ちを良くするシリコンなどの成分が配合されていることも。肌の弱い方は使用を控えた方が良いでしょう。

使い方をチェック

では次に、ヘアバームの使い方を確認していきます。

使用するタイミング

使用するタイミングは、基本的にヘアスタイルを作ってからになります。アイロンで髪の毛を巻く時は先に全てのパーツを巻き終えてから。ストレートの時も同様です。まとめ髪やアップスタイルの場合は、先に土台となるふんわりヘアを作っておきます。

使用方法

気になる使用方法は以下の通り。

  1. バームを手のひらで温めてオイル状にする
  2. 毛先からふんわり揉み込むようにしてつけていく
  3. 余ったバームは前髪や後れ毛に回して束感をプラス

根元につけてしまうと、時間が経つにつれベタっとした質感の髪 になってしまいます。あくまでバームは毛先に馴染ませるようにつけるのが上手なスタイリングのコツですよ!

さらに髪を結ぶ場合は、この後にささっと手早くまとめるのがポイント。何度も触れると髪の束感が不自然になってしまうので、注意してくださいね。

ヘアバームの参考スタイリングを紹介

ではここからは、ヘアバームを使ったおすすめのスタイリングをご紹介していきます。長さ別に、トレンド感溢れるセットを集めました♪

ショートヘア

スタイリング剤;Hair Balm/リンクオリジナルメーカーズ

バックシルエットと束感が命なショートヘアには、ボリュームやニュアンス調整がしやすいリンクオリジナルメーカーズがおすすめです。バームの中でも柔らかいテクスチャーで、プロお墨付きの使いやすさ♡

ミディアムヘア

スタイリング剤;track Balm/track

束感を出しつつ軽い仕上がりに止めたいミディアムヘアスタイルにおすすめなのが、trackのバーム自然派にとことんこだわった製品で、全身に使うこともできますよ。ほんのり香るゆずの匂いが心も豊かにしてくれます◎

ロングヘア

スタイリング剤;shaping putty/oway

マットなツヤ感と軽さのバランスが良いowayのスタイリング剤。毛先から全体に揉み込めばふんわりパーマにもぴったりの質感に。乾燥から髪を保護してくれる役割もあるので、傷みの気になる方にもおすすめです。

ヘアバームでツヤのあるおしゃれ髪へ

今回は、ヘアバームの正しい使い方とおすすめのスタイリング方法をご紹介しました。つける量によってニュアンスが大きくなるヘアバームですが、ぜひ自分好みのスタイルを作れるようお気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね!