フェイスパウダーとは?使い方やその効果&おすすめツールも紹介

皆さん、メイクにはフェイスパウダーを使っていますか?

あまり目立たないイメージのあるコスメですが、実はフェイスパウダーはあなたのメイクをより一層きれいに仕上げてくれる縁の下の力持ち的な存在なんです。

今回は、そんなフェイスパウダーの使い方から効果、ツールによる仕上がりの違いなどを幅広く紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

フェイスパウダーってどんなもの?

https://www.instagram.com/p/B_3XXUcDYf1/

まずはじめに、フェイスパウダーの主な効果やメイクの上での役割をチェックしていきましょう。フェイスパウダーの効果は以下の通りです。

  • メイク崩れ防止
  • メイク直しに
  • テカリを防いでサラサラの肌に
  • 程よいツヤ感でヘルシーなナチュラル肌に

サラサラとした触り心地に加え程よいツヤ感も演出することができるため、自然でヘルシーな印象に仕上げることができます。さらにメイク崩れも防止してくれるため、皮脂でメイクが崩れがちな方には必須アテムですね♡

ファンデーションとの違いは?

https://www.instagram.com/p/B_63FZTnmzQ/

ファンデーションが肌のくすみやシミをカバーすることを目的としたアイテムなのに対し、フェイスパウダーにはカバー力がありません。フェイスパウダーの役割は、ファンデーションを肌に密着させ、メイク崩れを防止するというもの。

ファンデーションのようにメイクのベースではなく、あくまでメイクの仕上げや最後に使うアイテムなんです。

フェイスパウダーまでの正しい順番

https://www.instagram.com/p/B_hYifchhib/

フェイスパウダーの使用は基本的に一番最後です。しかし、それまでのベースメイクがしっかりしていないと、仕上げもうまくいきません。以下の手順を参考にして、完璧なベースメイクを作ってみてください♪

  1. いつも通りにスキンケアをして、肌に潤いがある状態でメイクをスタート
  2. 化粧下地またはコントロールカラーを塗る
  3. ファンデーションを塗った後、仕上げにフェイスパウダーを塗る

フェイスパウダーはあくまでベースメイクの一環です。チークやアイメイクはその後にメイクしていきましょう。

どんなツールがあるの?

ただ一口にフェイスパウダーと言っても、その種類は大きく分けて2種類に分けることができるんです。この項目でどんなタイプのツールがあるのか見ていきましょう。それぞれの特徴も合わせて紹介していきますので、自分にアイテムを選んでくださいね♡

柔らかい印象とヘルシーなツヤ感が欲しいならルースパウダー

https://www.instagram.com/p/B_EKzzqhDNS/

まず、比較的ふんわりとした印象に仕上げたい場合はルースパウダーがおすすめです。ルースパウダーとは、粉タイプのフェイスパウダーのことを言い、基本的にリキッドファンデなどの水分量が多いファンデとの相性が◎

ブラシでふんわりベールのようにまとえば、やわらなかでナチュラルな印象に仕上がりますよ。

マットな質感とカバー力を重視するならプレストパウダー

https://www.instagram.com/p/B-FD1sVj6rp/

粉状のパウダーと反対に、プレストパウダーとは粉を固形状に固めたタイプのフェイスパウダーのことです。固めるのに多少の油分が配合されているため、ルースパウダーよりもマットな質感を演出することができます。さらにカバー力もあるため、顔のくすみや赤みが気になる日はぜひ使用したいアイテムです♪

ツールの実際の使い方は?

ルースパウダー、プレストパウダーのそれぞれの使い方は以下の通りです。こちらもコスメの違いと同様、使うメイクツールによって仕上がりに大きな差があります。自分の肌質にあったタイプを選んでみてくださいね♡

ルースパウダーはメイクブラシを使って

https://www.instagram.com/p/B_U3PJsHfvx/

フェイスパウダーをくるくるとブラシに含ませ手の甲で馴染ませたら、顔の内側から外側にかけて塗っていきます。大きめのブラシでふんわり優しくつけるのを心がけるとムラなく塗ることができて◎

最後にフェイスブラシのパウダーをティッシュでオフしてから、顔の余分なパウダーを落とすことで自然なツヤ感の仕上がりに♪

プレストパウダーはパフで仕上げて

https://www.instagram.com/p/B_i-AVUHFrm/

皮脂が出やすいTゾーンなどは、パフで優しく抑えてあげるとメイク崩れ防止の役割を最大限に生かすことができます。

まず、フェイスパウダーの粉をパフにとったらよく揉み込ませましょう。皮脂の多い部分から塗っていき、小鼻や目の周辺はパフを折り曲げてより丁寧に仕上げます。最後に目を閉じて、ささっとまぶたに優しくパウダーをつければOKです。

フェイスパウダーで肌の質感も自由自在♡

https://www.instagram.com/p/B9-VYTkj2tf/

自分にあったフェイスパウダーやメイクツールがわかっていただけたのではないでしょうか。ぜひメイクのイメージや理想の肌の質感にあわせてフェイスパウダーを使い分けてみてくださいね。いつものメイクがワンランクアップしますよ♡

▼メイクツールの使い方をより詳しく知りたいという方は、こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!
ベースメイク編♡便利で優秀なおすすめメイクツール7選