ルーキーなのに⁉︎ALBUM中村有李さんがフォロワー増加ランキング1位なワケ。

ホーム 特集・コラム 特集 ルーキーなのに⁉︎ALBUM中村有李さんがフォロワー増加ランキング1位なワケ。

2020年5月度のインスタグラムフォロワー増加ランキングで1位を獲得した「ALBUM(アルバム)」の新星、中村有李(アカウントはこちら→@album_yuri_)さん。入社間もないながらもクオリティの高い投稿が10代〜20代の女性を中心に評判を呼び、5月単月でフォロワー数+3万人という数を成し遂げました。

現在、研修をしながらも日々の更新に精を出す中村さんに、インスタグラムの投稿方法やそのこだわりについて伺いました。またクオリティの高い投稿をし続けている理由やデジタルネイティブ世代らしい思考にも迫ります。ルーキーと、新卒と、侮ることなかれ、大物の予感です。

〈聞き手=小林大甫〉

【中村 有李】
1999年生まれ。京都府出身。関西の美容専門学校を卒業後、今年「ALBUM」に入社。専門学生時代から凝ったメイクやヘアをインスタグラムへと投稿し、地道にフォロワーを獲得。現在、インスタフォロワー数は5万人以上にものぼる、ALBUM期待の新人。

目立たなかった学生時代、だからこそ自分をもっと見て欲しいという原動力に!

小林
小林

まずはコロナで大変な中でしたが、「ALBUM」への入社おめでとうございます!

ありがとうございます!
確かに「やるぞ!」と思っていた矢先でしたから、ちょっと「あれ?」となりましたね(笑)
でも、この自粛期間があったからこそよかった部分もあるんですよ。

中村
中村
小林
小林

なるほど。ちなみにどういった点で?

インスタの更新に時間を使えたんです!
これまでも自分なりに考えながらやってはいたのですが、時間との折り合いもつけないといけなくて。
なので、撮影してはアップ、撮影してはアップ……と寝る間も惜しんでやっていましたね。

中村
中村
小林
小林

それがあっての5月度フォロワー数増加ランキング1位 だったんですね。
これまでも上位にランクインしていましたが、ついに1位!率直にどうですか?

素直に嬉しいです!
“増加数”って自分ではカウントしにくいものなので、もちろん日々チェックしていく中で「あ、増えてる!」とは思いますが、こういった形でランキングになっていると正直気になっちゃいます。私、負けず嫌いな性格なので…(笑)
「せっかくなら1位に!」と思っていたので本当によかったです。

中村
中村
それにしても1カ月で3万人は…すごすぎる。
小林
小林

フォロワーが増えていく中で感じたことや、自分なりに実践したことはありましたか?

以前はフォロワー数に重きを置いていたのですが、今は“保存”が大事なのかなと。
投稿が保存されるということは、私のメイクやヘアアレンジのやり方を「また見たい」と思ってくれているということなので、もう一度(アカウントに)戻ってきてくれるじゃないですか?
それでフォロワーになってくれたら嬉しいですし、まずは投稿の質を上げることなのかなって。

中村
中村
小林
小林

それでクオリティの高い投稿が多いんですね。
インスタグラムって“自己アピールの場”だと思うんですよね、“自分”というものを人に見てもらう場。そこには本来主観があるわけなんですけど、中村さんの場合はとても客観的な投稿になっていると感じます。
SNSというよりも、雑誌やウェブメディアのような感覚。これって意識的なものですか?

あ、全然そこまでは考えていませんでした!(笑)
私としてはやっぱり「私を見て欲しい」という気持ちはあります。でも、あくまでも“私”ではなく、メイクやヘアのやり方だったり、洋服だったり…。
フォロワーの方々のためになること、というと大げさですが、人が気になることをアップしていきたいとは思っていました。
その結果、私を見てもらえたらいいな〜って。

中村
中村
「見て欲しい」という気持ちはSNSでは本質的なことですよね。
小林
小林

ただ、中村さんが「見て欲しい!」という感覚になった経緯はとても気になります(笑)

もともと、私学生時代は目立つタイプではなかったんです。
高校も進学校でどちらかというとマジメ。その反動ですかね。「美容師になるぞ!」と決めたころからは逆に目立ちたい、知って欲しい、という気持ちが強くなっていきました。
インスタもその頃からですね。

中村
中村
小林
小林

なるほど、それは意外な一面…!
てっきりクラスの中心的キャラクターなのかと思っていました(笑)
目立ちたい、という気持ちが強くなってインスタグラムを始めたワケですが、そうなると“自分”が前のめりになる投稿になってしまうのでは?

始めはそうでしたね、日記みたいな使い方でした。
ただ専門に入って、周りの環境がガラッと変わって、周りの人たちが全員個性的で…。
このままじゃダメだと思って、もともと好きだった韓国のメイクアップアーティスト・PONYさんを参考にしながら好きなメイク方法を投稿し始めました。

中村
中村
小林
小林

なるほど、中村さんの中でひとつ大きなターニングポイントになったんですね。
それから徐々にフォロワー数も増えていったかと思うのですが、今の高いクオリティにしようと思ったのはいつ頃だったんですか?

本格的に、というと入社した4月からですね。
自粛期間もあり、より時間を使えたということもありますが、動画やデザインなどでもっともっとみなさんの目に留まって欲しいなって思いました。

中村
中村
小林
小林

入社したサロンがSNSやWEBに強い「ALBUM」だったこともあるのでしょうか?

そうですね!入社したいと思ったのも、今は当たり前になりつつありますが、SNSを始めオンライン説明会やアカデミープログラムだったり、新しい取り組みでサロンの一歩先を行く姿が魅力だったからなので。
入社してさらにモチベーションが上がったのは間違いないですね。

中村
中村

高いクオリティ、センスのあるデザインの投稿の影にはたゆまぬ努力が隠されていた

小林
小林

より具体的に中村さんのインスタ術をお伺いしていきますね。
使っている編集アプリを教えていただけますか?

「Ulike(ユーライク)」「InShot(インショット)」、それから「ibisPaint(アイビスペイント)」ですね。
「Ulike」は画像加工アプリですが、やっぱり盛れるんですよね(笑)。ずっと使い続けています。
「InShot」は動画編集アプリ。周りに使っている人が多かったので使い始めたんですが慣れたのでこれひとつで編集しています。最近は動画をよくアップしていたのですごく頼りになりましたね。
「ibisPaint」は本来は絵やイラストを描く人向けのアプリなのですが、私はメイク道具の写真などを切り抜いて合成したり、手書きのコメントなどに使用しています。線の種類や太さなどバリエーションがとにかく豊富です!

中村
中村
左から【Ulike】【InShot】【ibisPaint】
小林
小林

投稿を見ていくと写真にデザインを加えたり、動画をおしゃれに編集したりと完成度の高さに驚きました!
特に写真に関しては、メイク道具の切り抜きや文字フォントの使い方などまるで雑誌のメイクページのよう。何かヒミツがあるんじゃないですか?

こちらが実際の投稿内容です。

え、嬉しい…ありがとうございます!
アプリを最大限有効活用している…という感じですかね(笑)
ただ、写真の編集はViViなどの雑誌、動画はC CHANNELや韓国人メイクアップアーティストのYouTubeなどからヒントをもらっています。
小林さんは雑誌編集をされているということですが、雑誌の作り方の方がもっと複雑じゃないんですか?

中村
中村
小林
小林

例えば雑誌では同じような1ページを作るにしても、モデル、カメラマン、ヘアメイク、スタイリスト、ライター、編集者、デザイナーなど多くの専門家が携わっていることがほとんどです。それをひとりで行なっている、と考えただけでも正直ぞっとしちゃいますよ。
もう一歩、掘り下げると中村さんはテーマの選定も“フック”があってフォロワー目線だなと思うのですが?

フック…?

中村
中村
小林
小林

Tシャツ特集ではなく、“安くて毎日着られる”Tシャツ特集、のようにテーマにひとつ引っ掛かりを作ることです。最近の投稿だと「“100均カーラーで”前髪アレンジ4選」だったり。やってみたい、という動機に繋がりやすいのではないかなと。

そういう風に言うんですね、勉強になります!
テーマに関しては私自身がずっと好きな韓国メイクやヘアアレンジが軸になっているんですが、“プチプラ”をやってみたときにフォロワーの方々の反応が多かったんですよね。
「こういうことが求められているんだ」と思って、自分なりにテーマを考えています。
ただ、同じようなことだけもできないし、テーマの選定はなかなか難しいところですね。

中村
中村
小林
小林

そういったいわゆる“ネタ探し”はどこから?

それこそPONYさんをはじめ韓国のメイクアップアーティスト、C CHANNEL、YouTubeからですね。ただそのままマネしちゃうと同じことをしているだけで参考にならないと思うので、“ネタ”をいったん自分の引き出しに整理して、テーマを考えるときに「この引き出しのこれと、こっちの引き出しのあれを組み合わせたらどうかな」みたいな感覚。
無理してでもなるべく情報量の多い投稿にしたいんです。

中村
中村
感覚がもう編集者ですね(笑)
小林
小林

そこまで考えてテーマを決めて、写真と動画を撮影して編集しているということは時間は相当かかるのでは?

あ、でも基本的には撮影から投稿までは1〜2時間くらいです。ただモノマネメイク動画などは長いと6時間くらいかかることもありますね。しかもそれで“いいね”が伸びないと、「私、何やってるんだろ…」ってなったり(笑)

中村
中村
小林
小林

それはツライ!(笑)
逆にインスタグラムをしていて嬉しかったこと、よかったことはありますか?

最近、フォロワーの女の子から「スタイリストになったら髪を切って欲しいです!」ってコメントをいただいて…。
まだ入社したばかりのアシスタントですよ?研修中なんですよ?それでも私のことを好きになってくれて、髪を切ってもらいたいと思ってくれている方がいるんです。感激しちゃいました。

中村
中村
イイ話…。
小林
小林

SNSの危険性を最近は注目されがちですが、SNSのいいところってこういった部分ですよね。
さて、「スタイリストになったら…」というワードが出てきましたが中村さんはどのような美容師になりたいですか?

日本で一番有名な美容師!
そのためには技術はもちろん必要ですが、技術だけではこれからの時代は有名にはなれないと思うんです。自己プロデュース力を磨いてもっともっと「中村有李」を知ってもらわないといけません。
私がPONYさんに抱いた「一生に一度でいいからメイクして欲しい」という憧れを、同じように多くの方に抱いていただけるような美容師になりたいですね。

中村
中村
小林
小林

志が高い!でしたら先ほどのフォロワーの女性がその第一歩ですね。
ではインスタグラムで目標にしていることは?

確かにそうですね!
そうですね…目指せフォロワー100万人!ですかね⁉︎(笑)

中村
中村

ひとつひとつの質問を一生懸命に考えて自分の言葉で紡いでくれた中村さん。自身で形容する通りのマジメな性格が魅力としてあらわれたインタビューでした。ルーキーらしいフレッシュな佇まいとは裏腹に、考え、工夫し、行動に移してインスタグラムで結果を出す姿は「若さ」だけでは測れない可能性の大きさを期待させてくれます。これからの美容業界を担う中村さんに今後も目が離せません。

Q&A~番外編~

Q.撮影時、照明は使っていますか?
A.ソフトボックスを2つ使っています。YouTuberみたいですよね(笑)

Q.どんな人をフォローしていますか?
A.シンプルにおしゃれだなと思う人。女性ですね。美容やファッション関係。

Q.専門学校はどんなところでしたか?
A.コンテストで上位獲る人が多い学校でした。私も負けず嫌いなので上位を獲れるよう頑張っていました。

Q.高校生の頃の部活は何ですか?
A.茶道部です。お茶、立てられますよ(笑)

Q.美容師になろうと決めたときっていつですか?
A.高校生、進路を決めるときなので2年生とか。進学校だったので周りはみんな大学へ。父親は最初反対、母親は専門学校へは賛成。ただ母も看護とかだと思っていたようで、美容師になりたいと言ったら驚かれました。

Q.フォロワーの分析はしますか?
A.本格的なことはしていませんが、大体の構成は把握しているつもりです。9割以上は女性、10〜20代が中心、といったくらいですね。あとは私と同じように韓国メイクが好きだったりショートカットだったり、あとは中高生のように「お金がないけどおしゃれしたい!」と思っている子。

Q.更新の頻度はどのくらいですか?
A.できれば毎日。自粛期間は動画中心に投稿できたのですが仕事が始まったので動画1、写真2くらいの比率になりそうです。

中村さんありがとうございました!

週間ランキング

美容師に人気のヘアバーム、リンクオリジナルメーカーズが優秀!♡

いま美容師の人気の、LINK ORIGINAL MAKERS(リンクオリジナルメーカーズ)のヘアバーム。口コミでも人気が広がってきており、トレンド間近のアイテムです。今回は、リンクオリジナルメーカーズのヘアバームをご紹介。