パーマをかける頻度って?長持ちさせるパーマの乾かし方HOWTO

パーマって”どれくらいの頻度でかけるのがいいのかわからない”、”少しでもパーマを長持ちさせたい”と思っている人は多いのではないでしょうか?

パーマは乾かし方やケアの仕方で、早めに落ちてしまったり、長持ちしたりします。
少しでも長持ちすれば、かける頻度が少なくなり、頭皮や髪の毛に与えるダメージも軽減されますよね。

今回の記事では、パーマの種類やパーマをかける理想の頻度、乾かし方、よりパーマを長持ちさせる方法をご紹介します!

パーマがかかる仕組み

https://www.instagram.com/p/BrZ_q-onlAP/

パーマ液には1剤と2剤があり、2種類の液を使ってパーマをかけていきます。

1剤で髪の毛の中にあるシスチン結合を切り離して、2剤でシスチン結合を再びくっつけます。

簡単に言うと、ロットで髪の毛を巻いて、1剤をつけることで髪の毛を柔らかくして、カールを作り、2剤で作ったカールをキープすることで、パーマがかかるという訳です。

パーマ液は頭皮にダメージを与える?

パーマ液が頭皮についてしまうと、ダメージを与えてしまいます。

特に1剤に多く含まれているアンモニア系の成分は、アルカリ性が強いので、頭皮に強いダメージを与えると言われています。

パーマをかける時に、液が頭皮につかないように注意するべきですが、自分でするにはなかなか難しいかも知れません。

そのため、パーマは美容院でプロにかけてもらった方が安心です。

美容院によっては、頭皮に与えるダメージが少ないパーマ液を使っていることが多いので、特に頭皮が弱い人は事前に相談することをおすすめします。

パーマの種類

パーマは、「コールドパーマ」と、「ホットパーマ」の2種類に分けられます。

一般的にパーマと言われているのは「コールドパーマ」で、水パーマやコスメパーマ、クリープパーマなどのことを指しています。
髪の毛が濡れている時に、動きが出ます。

一方で、「ホットパーマ」と言われているのが、エアウェーブやデジタルパーマです。
熱や風を利用して、パーマをかけるので、髪にかかる負担が大きくなりますが、乾かした時に動きが出ます。
そのため、スタイリングがしやすく、パーマ初心者にはホットパーマがおすすめ♡

コールドパーマ

https://www.instagram.com/p/BrH_m2wFHF9/

コールドパーマは、熱を使わずに薬品だけでパーマをかけます。

熱を使わないため、髪の毛にかかるダメージが少なく、ナチュラルで柔らかい仕上がりになるのが特徴です。

根元からふんわりとパーマをかけられるため、髪の毛のボリュームを出したい人におすすめのパーマです♡

クリープパーマ

https://www.instagram.com/p/B-_PeeHDC1p/

クリープパーマは、少量の薬剤でパーマをかけていくため、髪の毛にかかるダメージが少ないのが特徴のパーマです。

やり方はコールドパーマと似ているのですが、1剤と2剤の間に髪の毛を乾燥させて、クリープ化させるやり方。

時間をかけてパーマをかけていくため、パーマがかかりにくい髪質の人におすすめ♡

エアウェーブパーマ

https://www.instagram.com/p/BcU6O5RgCgK/

エアウェーブパーマは、名前の通り、エアリーな仕上がりになるパーマです。

機械でパーマをかけるので、しっかりと定着します。

熱に強いのが特徴で、お風呂上りもドライヤーで乾かすだけで、スタイリングをしたようなエアリーな仕上がりになってくれます。

デジタルパーマ

https://www.instagram.com/p/B_7GB5KhshM/

デジタルパーマは、熱と薬品を使ってパーマをかけるので、パーマが長持ちしやすいのが特徴。

そのため、立体的なウェーブを作りたい人や、パーマがかかりにくい髪質の人におすすめ♡

ただ熱を使うため、髪の毛の根元からパーマをかけるのは無理です。

パーマはどのくらいの頻度でかければいいの?

時間が経つと、パーマは落ちてきてしまうので、維持するためには再度パーマをかけ直す必要があります。

しかし、どれくらいの頻度でかけ直せばいいのでしょうか?

髪の毛の長さや、カールのかけ具合で変わってくれるので、一概には言い切れませんが、

  • ショート、ボブ…1~2ヵ月
  • ミディアム…2~3カ月
  • セミロング、ロング…4~6ヵ月

が目安です。

短い期間でパーマを何度もかけてしまうと、頭皮や髪の毛にダメージを与えることになるので気を付けて下さいね。

パーマの正しい乾かし方のコツ

パーマをかけている時は、正しい乾かし方をすることで、スタイリングが上手くいきます。

パーマの種類別に、乾かし方のコツをご紹介します。

コールドパーマ

コールドパーマは、濡れた時に動きが出ますが、ドライヤーを使わずに乾かさないのはダメです。

ドライヤーで8割程度乾かした後に、ムースをつけて再びドライヤーで乾かすとキレイにカールが出ます。

髪の毛を伸ばしながら、乾かしてしまうと、カールが緩んでしまうため、髪の毛を少し持ち上げながらドライヤーの風を当てるようにしましょう。

デジタルパーマ

デジタルパーマをかけている場合は、髪の毛を乾かす時に、スタイリングをしていると、翌朝のヘアセットが楽になりますよ。

洗い流さないトリートメントをつけてから、ドライヤーの温風で8割程度乾かした後に、毛先を指に巻きつけながら乾かしていけば、自然とカールが出てきます。

仕上げにドライヤーの冷風で、キープさせましょう。

パーマをより長持ちさせる方法

パーマをかけたのだから、少しでも長持ちさせたいと思いますよね。

コールドパーマでも、ホットパーマでも、すべてのパーマに言えることですが、パーマを長持ちさせたいなら、しっかりケアと保湿をしましょう。

特にデジタルパーマは、熱を利用してパーマをかけているので、洗い流さないトリートメントなどでしっかりと、ダメージケアをすることが長持ちさせる秘訣になります。

乾かし方でパーマを長持ちさせよう!

今回の記事では、パーマの種類やかける頻度、乾かし方をご紹介しましたが、どうでしたか?

パーマは正しい乾かし方や、ケアが大事になってきます。

ぜひ、今回の記事を参考にして、パーマを長持ちさせましょう。

おすすめのドライヤーや、ダメージケアシャンプーを紹介している記事もあるので、合わせてチャックしてみて下さい。

▼おすすめのドライヤー
【2020年最新】髪にやさしいドライヤー5選!人気メーカー商品をご紹介

▼ダメージケアシャンプー
シャンプーで毎日ダメージケア♡|市販アミノ酸系おすすめシャンプー3選